本文へ移動

インドハーブシリーズ

インドハーブシリーズ

写真左から「ヘナ」「栗皮色」「藍墨色」
インドハーブシリーズはインドから取り寄せた「ヘナ」「インディゴ」「アワル」「シカカイ」のパウダーを原料にしたヘアケア商品です。

ヘナを使用した「インドハーブの白髪染め」では、他の染料を配合することでヘナ特有のオレンジを抑えた「栗皮色」「藍墨色」をご用意しました。手軽に使えるペーストタイプです。もっと黒髪に近づけたい方には、「インディゴパウダー」の併用をおすすめします。

また「シカカイ」と「アワル」を使用した「インドハーブのトリートメントシャンプー」はカラーとトリートメント効果の両方をキープする優れものです。界面活性剤を含まないため色落ちはかなり軽減されます。泡が立たないので最初は洗っている感じがしませんが、乾かした髪のハリとコシに驚かれることでしょう。「使用感の悪さ」と「仕上がりの良さ」のギャップが最大の特徴と言えます。髪に元気がなくなった方にはぜひお試しいただきたい商品です。


インドハーブシリーズ誕生秘話

インドハーブシリーズの始まりは、実はクラウドファンディングなんです!!
始まったきっかけや完成に至るまでの秘話が掲載されているサイトをご紹介いたします!

「READYFOR」←クリックするとページへジャンプします)ページでご覧いただけます。

インドハーブの白髪染め 〈染毛料〉

インドハーブの白髪染めは、ヘナをベースにしたペーストタイプの白髪染めです。
HC染料と銅クロロフィリンNaを配合することでヘナ独特のオレンジを抑えました。
色は「栗皮」と「藍墨」の2色からお選びいただけます。

HC染料…分子径が小さく、キューティクルの隙間から浸透するという特徴があります。
そのためキューティクルを開く必要がなく、髪の表面の内側まで染めることが可能です。
キューティクルを破壊することがないうえ、皮膚に付着してもすぐに洗い流せることもあり、ほとんど刺激もありません。
分子間の力のみで吸着しているため、色落ちしやすい弱点がありますが、継続して使用することで、髪を傷めずにカラーをキープすることができます。



ビフォーアフター

before
after

インドハーブのトリートメントシャンプー

インドハーブで知られるアワル(カシアアウリクラタ葉)とシカカイ(アカシアコンシナ果実)で作られたトリートメントシャンプーです。
界面活性剤を含んでいないため泡は立ちませんが、シカカイに含まれるサポニンが頭皮や髪の汚れを落とし、アワルが持つトリートメント効果が髪にハリとコシを与え健やかに保ちます。またヘアカラーのキープ力にも優れています。

トリートメントシャンプーの使い方

左側が分離した状態
本品の性質上、2層に分離しています。ご使用前にボトルを振ったり揉んだりして均一になるようよく混ぜてください。よく混ざるとさらっとした液状になります。(※ご購入直後は特にパウダー部分が固まっている場合がありますのでご注意ください)

・髪を予洗いした後、液を手に取り数回に分けて頭頂につけます。(※こぼれやすいので少量ずつ手に取るのがおすすめです。) 
・頭皮を指でマッサージするように洗い、髪全体に馴染ませてください。シャンプー用のコームなどを使うと便利です。(※浴室に液が跳ねますのでシャワーで洗い流してください。)
・少し時間をおいてから、温水で洗い流してください。
・タオルで水分をふき取ったあと、ドライヤーを使って乾かすと効果的です。

※トリートメント効果が持続しますので、数日間はお湯だけで洗髪することをおすすめします。
※白髪に若干の黄ばみが付くおそれがあります。

美容室でご利用いただいています

四日市にある美容室「のりこの店」。
昭和51年から営業しています。
2代目由香理さんとのりこ先生
親子2代で経営されており、インドハーブシリーズの開発では大変お世話になっています。
お店の情報はこちらでも紹介されています。
「のりこの店」2代目の由香理さんとは数年前にヨガ教室で知り合い、その後ヘナペーストの商品化にはいろいろご協力をいただきました。

中でもカラーレスヘナシャンプー(現・インドハーブのトリートメントシャンプー)はのりこ先生のお気に入りで、発売以来ずっとご愛用頂いています。

お客さんから「髪がきれいになってすごく若返った」と驚きの声が上がり、のりこ先生も大喜び。「髪にハリコシが無くなってきた」というお客さんには、自慢の髪を見せてこのシャンプーを勧めてくれています。

そのおかげで「のりこの店」のお客様に「インドハーブのトリートメントシャンプー」を愛用する方が増えてきました。

「インドハーブのトリートメントシャンプー」をご愛用のTさん。

3日に1回の割合で使用されています。使わない日はお湯で頭皮を洗うのみ。使い始めて3か月程で髪の状態が劇的に良くなったそうです。

二代目由香理さんはトリートメントシャンプーを上手に使うコツについて 

①髪をしっかり予洗いする 
②ボトルを振ってしっかり混ぜる 
③頭皮をマッサージするように洗う 
④湯シャンだけの日をつくる 

とお客さんに伝えています。

Tさんもそのとおり使用していて、「泡が立たないことにも違和感はなくなりました。良いものに出会えて喜んでいます。」と仰っていただきました。使用量については容器の縦幅およそ1cmを目安に使われているそうで「計量キャップがあると便利かな」とご提案をいただきました。
「のりこの店」ではヘナ染めもしています。

インディゴをベースにヘナを混ぜたディープブラウン色を使用。

染める前に石けんシャンプーで洗髪を行い、染めた後は「インドハーブのトリートメントシャンプー」で2度洗いをします。

このシャンプーのもう一つの特徴はカラーのキープ力が優れているところで、ヘナ染めをしている方にもおすすめしています。

ヘナの施術を注文するお客様も増えているそうです。

ご愛用者様のお声

Hさん (ヘナ染め&トリートメントシャンプー)


「翌日の手入れが楽チン、ふんわりして良い感じです。泡立たないのには慣れませんけどね。」
TJさん (ヘナ染め&トリートメントシャンプー)
「髪にハリコシが出て増えたように感じます。」
Mさん (ヘナ染め&トリートメントシャンプー) 「週に2回のシャンプーが楽で良いですね。湯シャンで済むのが楽です。泡が立たないのも苦になりません。においも気になりません。」


Kさん (ヘナ染め&トリートメントシャンプー) 「髪が健康になって嬉しいです。香りを良くしてくれるともっと嬉しいかな。」
H'さん (ヘナ染め&トリートメントシャンプー) 「普通のシャンプーは1日でも洗わないとベタつきますが、このシャンプーは3日に一度でも湯シャンするだけでさらっとしています。」
Yさん 「地肌のにおいが気にならなくなりました。液を頭皮につけにくいので、泡立つヘナシャンプーの発売を希望します!」
YKさん
「頭皮の感じが全く違う、元のシャンプーに戻すとヒリヒリ、ピリピリします。このシャンプーでないとダメです‼️ でも前の濃いタイプが好きです。」
Oさん
「一回使って違いがわかりました! お友達にもすすめました!」
Sさん
「使えばわかる!」
Y’さん
「ボリュームが出た気がします。」
K’さん
「生え際に産毛が生えてきました!」
S’さん
「髪が太くなった感じで、つむじが気にならなくなりました!」
K’’さん
「フワッとボリュームが出ました!泡が出たら良いのに…」
Y’’さん
「手で触ると毛が太くなって量が増えた気がします」
Mさん
「これからのお手入れにヘナシャンプーとペースト使います。楽しみ!」
K’’さん
「染まるのに時間がかかりますが、毛先までしなやかになった感じ!」(ヘナ染めの感想です)

商品紹介

根元から立ち上がる健やかな髪のために

インドハーブ のトリートメントシャンプー

暁石鹸株式会社
〒510-0951
三重県四日市市小古曽東2丁目1-32
TEL.059-347-1647
FAX.059-347-0043
【業務内容】
1.洗濯用粉末・固形・液体石けん
2.台所用液体・固形石けん
3.浴用・化粧石けん
4.石けんシャンプー・リンス
5.ボディーソープ
6.工業用石けん
7.漂白剤
以上の主な製造販売、開発業務等
TOPへ戻る